top of page
早慶上智の総合型選抜入試対策塾
  • 執筆者の写真総合型選抜(AO)入試 書ける塾

春から高校3年生になる皆さんへ(総合型選抜入試について)

更新日:2023年3月13日

みなさん、こんにちは。

2月も終わりに近づき、ここ数日少しだけ寒さも和らいできましたでしょうか。


3年生を控え、大学受験に向けてどのように対策を進めるべきかと悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

この時期、最近大学が積極的に導入し全国的に割合が多くなっている「総合型選抜入試」や「推薦入試」、「グローバル入試」といった特別入試にご関心を持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

その選抜内容は年々多様化しており、大学や学部・学科ごとに大きく異なります。一例を挙げますと、以下のようなものがあります。

A 志望理由書等の出願書類

B 様々な観点からの、面接試験

さらに、大学・学部によって以下のような内容が加わることがあります。

C 小論文試験(当日試験or事前提出のパターン共にあり)

D グループディスカッション(10分程度~90分など、非常に実施形態も多種多様)

E 課題レポート

F 課題図書

G プレゼンテーション

H 講義の受講(その内容についてのレポート提出も含む)

I 自己紹介動画

J 活動実績証明資料

などなど、挙げればキリがないくらい様々なパターンがあります。

総合型選抜入試などの特別入試はこれらの中からいくつかを組み合わせて行われます。また日本語だけでなく、英語で行われることも珍しくありません。

また、コロナウイルス流行以降は、状況によって「急に面接がオンラインに変更された!」「小論文試験がレポート課題に変更になった!」など、受験生側にも臨機応変な対応が求められています。

一般入試であれば学校の先生、塾の先生にアドバイスをもらったり、参考書を購入したり過去問を解いてみたり…など、比較的身近なところでも情報を入手しやすく、独学でもある程度の目安と道筋が見えてくるかと思います。


それが総合型選抜入試となると、身近に専門家がいなければ、そして親身になって一緒に考えてくれる人がいなければ、すぐに情報不足に陥ってどうしていいかわからなくなってしまいます。また、複数校を受験したい場合、時間をうまく使わないと対策そのものが追いつかなくなり、満足のいく準備が出来ないまま出願を迎えてしまうという最悪の事態もあり得ます。

募集人数が少ないということも重なって、焦り、自信をなくして、結局はやる気を失って受験をあきらめようという人も少なくありません。当初はせっかく「チャレンジしたい」と意欲に燃えていたのに、それが失われることはとても残念なことだと思います。

【書ける塾】はみんなの「やる気」をしっかり形にするためのサポートがしたいと思っています。自分に自信を持ちしっかりアピールしてほしいですし、何より受験を成長の機会にしてほしいと強く願っています。経験と実績豊富な講師が、情報提供はもちろんのこと、ひとりひとりの自分だけの答えや強みを見つけるまで一緒に考え、悩み抜きます。そのために、当塾は「総合型選抜入試の指導のプロ」であり「この仕事が大好き」な講師だけで運営しています。これは、他の塾にはない私たちの大きな強みだと思います。

今、総合型選抜入試を受けるかどうかで悩んでいる人、迷っている人は、是非書ける塾にお問合せください(まずは進路相談だけでもOKですよ!)。

また、入塾をご検討頂いている場合はZOOM面談を通して直接講師との相性を確認していただき、疑問点などを解消していただくことも可能です。

ひとまず、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。ぜひ一緒に頑張っていきましょう!


書ける塾・スタッフ

閲覧数:166回0件のコメント

Comments


bottom of page