top of page
早慶上智の総合型選抜入試対策塾
  • 執筆者の写真総合型選抜(AO)入試 書ける塾

【書ける塾】の講師ってどんな人?

更新日:2023年3月13日

今年も総合型選抜入試(AO入試)が近づいてきました。

例年、新しい要項が5~7月に発表される大学が多いため、それらが出揃いますといよいよ実際の書類を前にして記入を始めていこうかという時期ではないかと思います。


そんなとき、総合型選抜入試対策ができる塾をお探しになる方も増えています。

インターネットで検索をされたり、口コミをご覧になったりなど、様々な情報収集されるなかで指導システムや料金などの一定の情報が手に入るかと思います。


ただ、調べても結局よくわからないのは、


「結局、どんな人が自分を指導してくれることになるの…??」


ということではないでしょうか。

結局、入塾後に関わるのは指導する先生になので、いくら塾のシステムがよくわかったとしても、先生との相性が悪かったり、先生が経験不だったりすると、やはり満足のいく指導は受けられないのではないかと思われます。


当塾がもっとも自信を持っているのは、講師の質そのものです。講師の質と指導方法に何よりもこだわって運営をしています。

まず、経験・知識が豊富なプロであること。学生やアルバイトの方は一人もいません。

そして、優しく丁寧なことです。いくらやる気があっても、否定ばかりされてしまうと少しずつ自信もなくなっていきますよね。当塾の講師は、建設的なアドバイスや添削指導は何度も何度も根気強く行いますが、否定することは絶対に行いません。


1ミリでもやる気があるなら、それをしっかり伸ばしていきます。


本人の「やる気」と、講師への「信頼感」は、受験の合否にも大きく影響します。

そのため、当塾では「誰が指導します」ということを入塾前のご相談の段階からお知らせしています。担当講師についてのご質問も大歓迎です。ご希望がある場合、事前にZOOM面談でしっかり講師との相性もご確認いただきます。


さらに、国語、英語、社会、文化教養など、複数の異なる専門分野を強みとする講師が在籍しています。

複数の講師がそれぞれの専門分野を活かすため、1人の生徒の添削内容や指導方針について定期的に会議を行っています。国語的な文章表現の観点からはどうか、社会課題に関する知識や専門性という観点からはどうか、あるいは英文の場合は英語表現のレベルはどうかなど、講師同士で熱く議論を交わすことが頻繁にあります。


面接対策指導も原則として、講師2対生徒1という、より本番に近い形で行います。(ご希望の場合は、1対1ももちろん可能です)

複数の視点からアドバイスができ、またいろいろなパターンの質問を試すことになりますので、この指導スタイルも大変好評を頂いています。


最大限に手厚く、丁寧に指導する―。これをモットーにしておりますので、ご要望などがありましたらどんなことでもご相談いただければと思います。


みなさんが万全の態勢で受験本番に臨めるように、今年も講師たちは気合を入れております。ぜひ、頑張っていきましょう!!


書ける塾・スタッフ


閲覧数:241回0件のコメント

最新記事

すべて表示

募集要項が発表されたら、戦略的にプランを練りましょう。

5月~6月は、いよいよ各大学で総合型選抜入試をはじめとする特別入試の募集要項・入試日程が発表されます。既に発表されている大学、これから発表を控える大学と様々ですが、皆さまはもうご覧になっていますでしょうか。 第一志望はもちろん、第二志望以降の大学・学部についても「出願資格」や「選考内容」「日程」および「専願or併願」など、その内容をしっかり確認しておきましょう。 これまでに前年度分を確認していたと

例年よりお問い合わせ/お申し込み頂く件数が増えています。

2月に入り、寒い日が続いていますがお風邪などひかれていませんでしょうか? 寝不足は免疫力を落とす大きな原因ですので、学校のテストや受験対策も無理なく計画的に進められるよう心がけていきましょう。 さて、この時期は例年多くのお問い合わせを頂いておりますが、今年は1月~2月現在までの間にいつになく多くのお問い合わせ/申し込みを頂戴しています。 書ける塾の個人に合わせたマンツーマンの指導姿勢や、合格実績、

Comments


bottom of page